「まとめ」だの「キュレーション」だの「バイラル」だの呼び名を変えては「自分でコンテンツ作らなくてよくなったみたいだぞ!」みたいなムードを演出し著作権無視で美味しいトコだけかっさらおうとしては結果的に胡散臭い雰囲気だけを残して消えていくサイト群。がいなくなったらサイトを再開したい

Twitter / bxjp (via neeeeeew)

All your site are belong to us.

(via petapeta)

projecthabu:

     As you can see, Blackbird Airpark in Palmdale, California is home to not one, but two Blackbird aircraft. In the first photo, you can see SR-71A #17973 on the left, and A-12 #06924 on the right, which I covered in a previous post (click here to view). On the far right side of the photo, you can see D-21B #525, and U-2D 56-6721 is in the background. 

     On May 24, 1987, SR-71A #17973 was flying in the RAF Mildenhall Air Fete Airshow, when the pilot, flying too slowly, pulled up just as the afterburner ignited, overstressing the airframe. The aircraft landed safely at RAF Mildenhall, where temporary repairs were made. On June 21, she was flown to Palmdale for permanent repairs, but it was decided that the aircraft was essentially totaled. She was retired with a total of 1,729.9 flight hours, then put on display at Blackbird Airpark in September 1991, alongside A-12 #06924, creating probably the most stunning Blackbird museum display.

(出典: miki-inko)

bornofanatombomb:

Jun Togawa’s robotic arm

"…Togawa’s lyrics repeatedly treat her own body as ‘insect-like’ (in songs such as Pupae Woman and Swarms of Insects), or as distorted into robotic, quasi-human forms. This ties into a simultaneous trend of Japanese popular culture to focus on the cybernetic augmentation of the body, a trend which (as far as I know) has not yet been written about. In Togawa’s case, I get the sense that these descriptions of the destruction and reconfiguration of her body relate to puberty, which she re-imagines as a hideous process of physical distortion. In one song, she describes love as a ‘mutation’ of her body - an acknowledgment of the inherent violence of the power relations of romantic love. In these powerful metaphors, she also highlights and subverts the objectification and territorialisation of the female body that the aidoru archetype is built upon. Whilst other aidoru produced glossy photo albums of themselves dressed as various feminine archetypes (schoolgirl, geisha, etc.), Togawa released a similar collection of photos with the English title JUN TOGAWA AS ONLY A LUMP OF MEAT. This imagery is continued in her videos and stage performances, where she often appeared wearing dragon-fly wings or ‘robotic’ attachments to her limbs…”

Memory and Gender in the Music of Jun Togawa

ダークウォレットは、そのようなプライヴァシーや信頼問題を回避することを可能にする。その中心となるツールは「コインジョイン」(CoinJoin)とよばれる技術で、ユーザーがビットコインを使用するたびに、その取引はランダムで選ばれた同時期に支払いをする他のユーザーの取引と「混ぜられる」のだ。

例えば、アリスがネット通販でアルパカの靴下を、ボブがシルクロードでLSDを購入しようとしていると仮定しよう。ダークウォレットは彼らの取引を統合するので、ブロックチェインは1つの資金の動きしか記録しない。ビットコインはアリスとボブのアドレスから同時に放出され、靴下屋とシルクロードに支払われる。この複数当事者との取引における交渉は暗号化されているので、誰のコインがどこに支払われたのか、第三者が知る術はない。コインの流れをもっと複雑にしたければ、ユーザーは実際の支払い行為をしていない時でもCoinJoinを稼動させ、保有する他のアドレスに送ることもできる。

CoinJoinが解決するビットコインプライヴァシー問題の1つとして「アドレスの変更」がある。あるアドレスから支払われたビットコインのうち、実際に支払いに使用されなかったコインは、支出者がコントロールする異なるアドレスに戻される。そのアドレスから将来的に行われる取引は、同じユーザーに特定できる。しかし、成功したCoinjoinの各取引において、コインはその他の新規ユーザーによる支払いと混ぜられるため、どちらの変更アドレスがどのユーザーのものかを特定できる確率は半分に減る。
「連鎖を追っていくと、どのユーザーが所有するコインなのかを確定できる確率は50%から25%に、そして8分の1から16分の1の確率にまで下がります」(ターキ氏)
支払いを受けるユーザーの素性を保護するために、ダークウォレットは「ステルスアドレス」という技術を提供している。どんなユーザーでも保護キー付きのステルスアドレスの生成を依頼でき、そのステルスアドレスをビットコイン受取アドレスとしてオンライン上で公開できる。
他のダークウォレットユーザーがその指定したアドレスに支払いすると、次にダークウォレットはステルスアドレスのランダムに暗号化された別のアドレスにコインを送るようにプログラムされている。受取人のダークウォレットクライアントがblockchainをスキャンし、ユーザーの保護キーを使用してアドレスを解読し、ステルスの支払いを見つけてユーザーの代わりに請求できるわけだ。

ninetail-fox:

a post office ,Marunouchi

ninetail-fox:

a post office ,Marunouchi